家計の見直しは固定費から〜あなたも節約できる

節約のすすめ

iPhone

2018年8月おすすめモバイルバッテリー

更新日:

2018年8月おすすめモバイルバッテリー

2018年夏のおすすめモバイルバッテリーを紹介します。
近ごろ注目を集める、急速充電技術として、最新のAndroidスマートフォンや「iPhone X」や「iPhone 8」シリーズで採用されるUSB PD(USB Power Delivery)があります。
2A以上の出力に対応したモバイルバッテリーを「急速充電対応」という場合が多いです。

Androidスマートフォンやタブレットでは、「QuickCharge(QC)」と呼ばれる急速充電の規格が広く使われています。

USB PD対応のモバイルバッテリーは、ノートPCでの利用を想定した20,000mAhクラスの大容量モデルが主流ですが、比較的小型の10,000mAhクラスの製品も少しずつ登場しています。最新のiPhoneで急速充電を行いたい場合、こうしたUSB PD対応の製品を選ぶとようでしょう。

Anker「PowerCore 20100」

容量20,000mAh以上(大型タブレットやスマホを複数回充電できる)
高いエネルギー密度でこのクラスとしては驚きの軽さ

20,100mAhのバッテリー容量ですが、重量あたりの容量が非常に高いのが特徴です。
重量は、約356gで、20,000mAhクラスとしては屈指の軽さです。2.4Aの出力に対応するUSBポートを2系統備えるうえに、接続した機器を識別して最適な充電を行うAnkerの独自技術「PowerIQ」や、少し昇圧して充電速度を高める「VoltageBoost」技術も備えていて、充電速度も速いです。

●基本スペック
・容量:20,100mAh
・出力ポート数:2.4A×2
・サイズ(幅×高さ×厚さ):約58×166×22mm
・重量:約356g
・インジケーター:LED
・保証期間:18か月

ADATA「Power Bank AP20000D」

1%単位で容量を表示する液晶画面を搭載。高コスパも魅力

本製品は容量20,000mAhで、2ポートの出力に対応する製品。出力は2ポート合計で2.1A。液晶ディスプレイを備えており、バッテリーの残量を1%単位で正確に表示できることに加えて、LED懐中電灯としても利用でき、非常時の電源や照明としても利用できます。コスパも魅力で、価格.comの最安価格は3,475円(2017年8月末時点)と、20,000mAhクラスとしてはかなり安めです。
●基本スペック
・容量:20,000mAh
・出力ポート数:2.1A×2(2ポート合計)
・サイズ(幅×高さ×厚さ):約80.6×163×23.3mm
・重量:約450g
・インジケーター:液晶
・保証期間:1年

BLUEDOT「BMB-101」

人気モデルの後継機は、充電用Lightingポートを新搭載!

価格.comの「モバイルバッテリー」カテゴリーで、長い間、売れ筋ランキングの1位をキープしていた定番モデル、BLUEDOT「BMB-10」の後継モデル。容量は10,000mAhで、出力ポートは2系統で合計2.1A対応と、基本的な性能は前モデルと共通だが、新たにLightingポートを備え、iPhone/iPad用のLightingケーブルを使ってモバイルバッテリーを充電できるようになりました。
●基本スペック
・容量:10,000mAh
・出力ポート数:2.1A×2(2ポート合計)
・サイズ(幅×高さ×厚さ):約72×138×16mm
・重量:約210g
・インジケーター:LED
・保証期間:1年

マクセル「MPC-CW10000」

10,000mAh前後では最軽量クラスのコンパクトボディ

2ポート合計で3Aの出力に対応し、2台同時の充電が可能。容量10,000mAh前後の製品としては最軽量クラスの約180gというボディながら、高い充電性能を兼ね備えています。
なお、本製品には、電気用品安全法に準拠したことを示す「PSE」マークを取得した兄弟モデルである「MPC-CW10000P」も存在する。両モデルとも基本的なスペックは同じだが、2019年2月1日以降、PSEマークのないモバイルバッテリーの製造・輸入・販売ができなくなるため、現在よく似た2モデルが市場で併売となっています。
・容量:10,050mAh
・出力ポート数: 出力ポート数:2.4A×2(2ポート合計3A)
・サイズ(幅×高さ×厚さ):約63.5×96×22mm
・重量:約180g
・インジケーター:LED
・保証期間:6か月

フォースメディア「世界超速 for スマホ」

Quick ChargeとUSB PDに両対応した高性能モバイルバッテリー

容量10,050mAh。USB PD対応のUSB Type-Cポートと、Quick Charge3.0対応のものと2.4A出力のUSB Type-Aポートを各1ポートずつ、合計3系統の出力ポートを備えています。USB PD対応のiPhoneならば、バッテリー残量0%から50%までの充電を約30分で行うことが可能です。Quick Charge 3.0にも対応しているので、Androidスマートフォンの充電も速い。3年の保証が付いている点も魅力です。
・容量:10,050mAh
・出力ポート数:USB Type-C×1(5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A、USB PD対応)。USB Type-A×1(5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A、QuickCharge 3.0対応)。USB Type-A×1(5V/2.4A)
・サイズ(幅×高さ×厚さ):約66×108×23.2mm
・重量:約240g
・インジケーター:LED
・保証期間:3年

RAVPower「RP-PB060」

容量5,000mAh前後(スマホを1回充電できる)
113gで容量6,700mAhを実現。最高レベルのエネルギー密度が自慢

容量6,700mAhで重量がわずか113g、重量あたりのバッテリー容量がとても高く、出力用のUSBポートは1系統で2.4A、本機への充電用microUSBポートも2.0Aの入力に対応しているため充電も2~3割ほど高速です。保証期間は18か月と長めですが、Amazonなど一部の正規販売店で購入した場合、製品登録を行うことで、さらに12か月の延長保証を受けることもできます。
●基本スペック
・容量:6,700mAh
・出力ポート数:2.4A×1
・サイズ(幅×高さ×厚さ):約40×90×25mm
・重量:約113g
・インジケーター:LED
・保証期間:18か月(一部店舗で購入した場合に限り12か月の延長保証も用意)

Anker「PowerCore Slim 5000」

滑り止めの付いた薄型ボディで、スマホと重ねて使いやすい

約10mmという薄型ボディが特徴。片面にシリコン製の滑り止めが施され、もう片面はエッジ部分が丸められています。このボディのおかげで、スマートフォンと重ねて持ち運びやすく、滑りにくく傷も付きにくく、短めのケーブルを組み合わせて使いたい製品です。
●基本スペック
・容量:5,000mAh
・出力ポート数:2.0A×1
・サイズ(幅×高さ×厚さ):約64×126×10mm
・重量:約118g
・インジケーター:LED
・保証期間:18か月

TEC「TMB-4K」

容量4,000mAh 。低価格ながら軽量&薄型でスマホ1回の充電に最適

ボディは厚さ9.7mmに抑えられ、重量も約110gと軽いなど、携帯性を重視しつつ、スマホ1回をフル充電できる4,000mAhの用量を確保した製品です。出力も2.5Aと十分な内容です。また、バッテリー本体とスマートフォンを同時に充電もできる。
●基本スペック
・容量:4,000mAh
・出力:2.5A×1
・サイズ(幅×高さ×厚さ):約67.5×118×9.7mm
・重量:約110g
・インジケーター:LED
・保証期間:6か月

-iPhone
-,

Copyright© 節約のすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.