家計の見直しは固定費から〜あなたも節約できる

節約のすすめ

iPhone

iOS 13にて、アップデート対象外に『iPhone SE』『iPad mini 4』?

更新日:

 2019年秋ごろリリース予定のiOS13が6月3日WWDCで発表されます。

 新しい機能が複数盛り込まれる見通しですが、古いiPhoneの処理速度の改善も予想されます。

 さらには、サポートされる対象機種も減ることになります。

 予想されている機能と対象機種を見てみましょう。

ダークモード

 iOS13ではmacOS Mohaveと同様のダークモードが導入され、ユーザーはダークモードと現在の標準モードとで切り替えが可能となります。
 
 流出したスクリーンショットによれば、iOSのダークモードは設定アプリまたはコントロールセンターで設定できるようです。

音量調整HUD

 音量を上げ下げするときに、画面中央に表示される音量調整HUD(ボリュームメーターバー)が邪魔だと感じる人は少なくないでしょう。iOS13ではこの表示がより小さく、画面を邪魔しないようになる見込みです。

新おやすみモード

 iOS13では「おやすみモード」が刷新され、コントロールセンターで詳細が設定可能になるという噂や、時計アプリからも設定可能になるとの情報があります。

iPadの機能向上

 iOS13では、iPadに特化した機能が複数追加される見通しです。ホーム画面のレイアウトも変更されると見られています。
 iPadのマルチタスク機能が向上し、アプリ内で複数のウィンドウを表示させ、カードのように重ねて並び替えることが可能になるとのことです。
 その他にもテキストの入力を取り消すための新ジェスチャーを含む、新しいジェスチャーが複数追加されるとの情報があります。

「Find My」アプリ

 「iPhoneを探す」アプリと「友達を探す」アプリが統合され、「Find My」アプリになると報じられています。この新しいFind Myアプリは、Wi-Fiやセルラーネットワークが使えない時でも、近くにあるiOSデバイスを利用してAppleデバイスの場所を追跡できるようです。

メッセージ

 メッセージでは、ユーザーが自分のプロフィール写真や表示する名前を追加し、それらの情報を見せる相手を選択可能になる見通しです。アニ文字とミー文字ステッカー専用のメニューも追加されるとのことです  
このほか、メール、リマインダー、ブック、ヘルスアプリも改良される見通しです。

iOS13でiPhone6、iPhone SE、iPhone5sのサポート終了との噂

 もしこれが事実であれば、iPhone5sは、iPhone6シリーズよりも1年長く最新OSへの更新が可能であったことになりますが、iPhone SEに関しては、わずか3年で最新OSのサポートが終了となります。

 Appleは、iOS13で4インチスクリーンのiPhoneのサポート終了を計画しているのかもしれません。
 
 iPad mini 2とiPad AirではiOS13をインストールすることができないとも報じています。iPad mini4はどうなるのかも気になります。

 iPhone 6sを含む以下の機種はサポートされず、iPhone 7/Plus、iPhone 8/Plusではサポートされない機能も存在するとの報道もあります。

 発表を待ちたいと思います。

-iPhone
-, ,

Copyright© 節約のすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.