家計の見直しは固定費から〜あなたも節約できる

節約のすすめ

iPhone

iPhoneXSのDSDS,DSDV~eSIMの利用方法

更新日:

iPhoneXS XSMAX,XRでIIJがeSIMの利用実験

iPhone XS、XS Max、XRが発表された際に、eSIMの対応キャリアも披露されましたが、ここに日本の3大キャリアの名前はありませんでした。これにガッカリしたユーザーも少なからずいたと思いますが、オープンであれば、独自で対応することもできるはずです。

iOS12.1でデュアルSIMに対応!

デュアルSIM対応のiOS12.1がリリースされ、日本版iPhone XS Max、iPhone XRでeSIMがサポートされ、デュアルSIMが利用可能となりました。

iOS12.1にアップデートしたiPhone XS Maxで、「設定」アプリから「モバイル通信」を開くと、「モバイル通信プランを追加」というメニューが追加されています。

メニューを開くと、通信事業者から提供されたQRコードをスキャンするよう促されます。

フルMVNOとなったIIJがiPhoneXSのeSIMの書き込み及び通信に成功

フルMVNOになり、eSIMに対応するプラットフォームを持ったIIJがeSIMの書き込み及び通信の実験に成功したとのことです。iPad Proの発表と当時にiOS 12.1が配信され、iPhoneのeSIMが開放されましたが、IIJによると、同バージョンでフルMVNOのeUICCを書き込むことができたとのこと。eUICCとは、簡単にいえば、eSIMのIDのようなもの。結論から言えば、eSIMにIIJのフルMVNOサービスを書き込んで、通信できたということになります。

設定自体は、QRコードを読み込むだけで、サクッと完了。アップルとの提携関係がないためか、画面には「保証されていないモバイル通信プラン」と表示されます。

挙動はDSDVに近い

iPhoneのデュアルSIMはDSDSとうたわれていましたが、実際にはDSDVに近い挙動らしく、au VoLTEで待ち受けしつつ、データ通信のみIIJで行うといったこともできていました。
eSIMを設定したあとは、中国版、香港版の物理デュアルSIM対応iPhoneと同じ。どちらの回線をデフォルトにするかを細かく設定できます。

引用元:Engadet日本版

まとめ

iPhoneのeSIMは、SIMロックさえ解除してあれば利用が可能です。このeSIMを利用したサービスを、MVNOがデータ通信サービスのみを割安で提供すれば、通話は普通のSIMカードを利用して、データ通信だけを格安SIMにするなど別のキャリアにするといったことも容易になります。

IIJによると、eSIMへの対応はあくまで技術検証段階とのことで、残念ながら、現時点での商用化スケジュールは未定だそうです。同じく、eSIMのプラットフォームを持つであろう楽天や、大手キャリアの対抗策にも期待したいところです。

-iPhone
-,

Copyright© 節約のすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.