家計の見直しは固定費から〜あなたも節約できる

節約のすすめ

iPhone

新しいiPad ProはeSIMを採用

更新日:

新型iPad ProはeSIMを採用

2018年10月30日のスペシャルイベントで発表された新型iPad Pro、正式にはiPad Pro(2018)の搭載メモリは、アップル公式には非公開とされていますが、ストレージ1TB版(11インチモデルと12.9インチモデル両方とも)のみRAMは6GBである可能性が伝えられています。

引用元:Apple

そのほか気になる変更点で主なものを挙げたいと思います。

イヤホンジャックがなくなり充電端子がUSB Type-Cに変更

新しいiPad Proには、イヤホンジャックがありません。しかも充電端子がLightningからUSB Type-Cになりましたから、iPhoneに付属していたLightning-3.5mm端子の変換ケーブルが流用できません。ついでに、第一世代のApple Pencilも充電できません(iPhoneを使えば可能)。とはいえ、USB Type-Cになったことで接続できるデバイスの幅が広がるということが期待できます。

eSIMについて

組み込みのSIMはApple SIMからeSIMに変わっています。

これまでiPad Proには、組み込み型のApple SIMがSIMカードスロットとは別に搭載されていました。

iPad上で直接キャリアと契約できる手軽さはあったものの、アップルと握れている会社しか選択することができませんでした。日本では、auとソフトバンクが対応していたものの、ドコモは未対応。海外でも、北米や英国、ドイツなど、一部の国では現地のキャリアと直接契約できましたが、その他の国はローミングを専門とするキャリアしか利用できませんでした。

iPad Proに採用されたGSMA標準のeSIM

新しいiPad Proに採用されたのは、iPhone XS、XS Max、XRと同じ、GSMA標準のeSIM。GSMAとは、世界各国の通信キャリアが加入する業界団体で、ここの仕様に準拠したということで、対応キャリアが一気に増える可能性も高まってきました。また、仕様はオープンになっているため、MVNOなどでも、eSIM用の設備があれば対応することができるのが、Apple SIMとの大きな違いといえます。

eSIMの利用方法

eSIMはiOS 12.1で開放されましたが、同バージョンのiOSをインストールしたiPhone XRでは、eSIMの設定を書き込むためのQRコードリーダーしか表示されません。キャリアがQRコードを発行し、ここにカメラをかざすことでセカンドSIMの設定を行うというわけです。

iPhone XS,XS MAXでは、QRコード以外に詳細情報を手動で入力からアクティベーションコードを入力する方法も可能となっているようです。

今後MVNOでeSIMが利用できるようになれば、キャリアでの契約以外に利便性は上がることでしょう。

-iPhone
-

Copyright© 節約のすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.