家計の見直しは固定費から〜あなたも節約できる

節約のすすめ

格安simのメリット・デメリットや選び方など

格安simを提供するMVNO一覧

[child_pages cols="2" more="続きを読む" words="200" thumbs="thumbanail" skin="white" list="false" link_titles="true" title_link_class="my_title_link_class" link_thumbs="true" words="100"]

[no_toc]

格安simを使う理由

格安simに興味を持った方は、どのような目的で利用されるでしょうか?

  1. 現在スマホを使っているが、格安simに乗り換えてキャリアの通信費用を抑えたい
  2. 現在ガラケーを使っているが、ガラケーを辞めずにスマホを使いたい
  3. 現在スマホを使っているが、もう1台格安simで使いたい

みなさん、それぞれあると思います。
通話についてはどうでしょう?

  1. 通話も併せて格安simを使いたい
  2. 通話はキャリアのスマホで、データ通信のみ格安simを使いたい
  3. 通話はキャリアのガラケーで、データ通信のみ格安simを使いたい
  4. 通話もキャリアだが、デュアルsimのスマホで、データ通信は格安simを使いたい

通話も一緒に格安simにするのか、データ通信専用のsimを契約して、もう1台のスマホでネットをするということもあると思います。

そこでみんなが知りたい料金の比較サービスの比較などをできるだけ詳しく紹介していきたいと思います。

格安simのメリット

メリットは考えつくものとして以下があります。

  1. データ通信料が安い
  2. データ通信専用simの場合、2年縛りなどの解約違約金が発生しない
  3. 余ったデータ通信量を翌月に繰り越せる

1.データ通信料が安い

データ通信料はキャリアに比べると、安く済みます。

では、なぜ安く提供できるようでしょうか?

格安sim事業者(これをMVNOと呼びます)はドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアから帯域(100Mbpsなどの帯域を、土管の太さと考えてください)の回線を借用します。

ネットワーク設備は3大キャリアから借りているので、メンテナンス等の費用も掛からず、安く提供できるというわけです。

2.データ通信専用simの場合、2年縛りなどの解約違約金が発生しない

データ通信専用であれば、いつ解約しても違約金は必要ありません。

ただし、契約した最初の月は無料などの格安simの場合は、初月の解約は1カ月分の料金を取られるところもあります。

また、新規契約は手数料3,000円取られますが、キャンペーンで無料にしている場合もあるので、うまく利用するといいと思います。

3.余ったデータ通信量を翌月に繰り越せる

1カ月の通信量が3GBの場合に、2GBしか使わなかったとすると、残りの1GBは次の月に自動的に繰り越しされます。繰り越された通信料は次の月に先に使用されます。

では、次の月も2GBしか使わなかった場合は、余った1GBと3GBのうちの1GBしか使っていないので、今度は2GBが次の月に繰り越されることになります。

格安simのデメリット

デメリットもありますのでそれを踏まえて利用する必要があります。

それは、速度の問題です。通勤時間帯である朝6時から7時頃と、夕方の6時頃、昼の12時頃、この時間帯は利用者が多く込み合うため、速度が極端に低下します。

なぜ遅くなるのか?

なぜ通信速度が遅くなるのか?

それはMVNOがキャリアから借りているのは、「ある瞬間に一度に流せるデータ量」です。

例えば、A社というMVNOが、100Mbpsの帯域でドコモから回線を借りているとして、契約している利用者が100人いて、同時に3Mbpsの帯域の動画を見ようとしても、300Mbpsの帯域はないので、土管はつまってスムーズな通信ができなくなります

つまり、どの程度キャリアから回線を借りているか、とそのMVNOの利用者がどのくらいいるのか、この2つの条件で速度が決まるといっていいでしょう。

そのため、利用者が増えてきた場合にはMVNOがキャリアから借りている回線の帯域によっては、遅くなってしまいます。

どのくらい遅くなるの?

遅いと言っても通常のネットやメールなどには全く問題ないので、心配する必要はありません。

また、MVNOによってもばらつきばあり、速度を重視するのであれば、格安simでもとても速いものもありますので、このサイトをチェックして検討してみて下さい。

キャリアで言うところのメールアドレスがない

ドコモであれば、docomo.ne.jp、auであればezweb.ne.jp、ソフトバンクであれば、softbank.jpなどのキャリアのメールアドレスはMVNOの事業者から払い出されません。

ただし、最近は友達や家族との連絡はLINEなどのSNSを使うため、あまり重要視されません。

どうしても、キャリアのメールアドレスにこだわるなら、キャリアの契約を残したまま2台持ちにするか、UQ mobileであれば、有料にはなりますが、キャリアと同等のメールアドレスを配布しています。

格安simを上手に使って楽しいスマホライフを送ろう

MVNOは毎年色々なキャンペーンを打ち出していますので、定期的にチェックしながら上手に利用して楽しいスマホライフを送りましょう。

データ通信専用の格安simは解約違約金がないと書きましたが、逆に長く使うことによるメリットを打ち出すMVNO事業者もあります。

それはmineoであり、長期契約者を優遇するという施策を打ち出しているため、今後そのような傾向は出てくるかもしれません。いろいろ契約してみるのもいいですが、ぜひこのサイトで比較検討していただいてどこの格安simにするか決めていただければと思います。

更新日:

Copyright© 節約のすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.